合気道の秘伝を学ぶ  - 井口合気流護身術(IAM護身術) 二段のブログ -

合気道を活用した護身術の技術と考え方の紹介

脳が将 体は卒

前夜しこたま食って飲んだ後、ひたすら睡眠。これは運動せなアカンと思い、準備運動かわりに立禅と腕振りの基礎稽古を実施したところ、立禅時の感覚が非常に研ぎ澄まされていた。日ごろ睡眠が足りておらず、いかに神経が錆びついているのか実感した。

深夜まで勉強や仕事したり、疲れた体に鞭打って稽古や運動するより、毎日適切な睡眠時間を確保する方が、物事は上手くいくし上達もするのではなかろうか?と思うのであった。

 

本日は下記の稽古を実施
立禅(木火土金水)
今日やった木と火に関しては禅行ではなく、立禅の形を使った稽古か。
木:五分間手の先の張りを全力で維持。肩や脚は脱力。
火:気を感じる稽古(詳細非開示)。各段階で三周ずつ
土金水:各3分ずつくらい禅。久々にトランスに入る事ができた。

やはり睡眠によって脳を休める事が肝要!

 

一文字の型(某武術の基礎の型)
各種腕振り、杖振りをやった後、カロリー消費系の運動をするべく、一文字の型を実施。以前は気が付かなかったが、突きは当会でいう所の陽の技術だけでなく、三軸の入れ替え(前の軸と中心の軸の入れ替えは陰となり、後の軸が前に出る動きは陽となる、陰陽一体の動き)がきっちり稽古できる事に気が付く。またそうしなければ威力も出ないことにも。

合気杖でも前述の稽古はできるが、一文字は足腰をかなり使うためよい運動になる。
また下腹で背骨をしっかり支えてあげると綺麗にできる。ちなみにこれはヨガのポーズをとるときに聞いた知識。

 

手刀も行ったが、これも腕を振っては威力が出ない。腕をただ落とすことが肝要。とはいえこの説明だけで上手くできるわけもない。本来の型とは違うと思われるが、背骨と中丹田が垂直に落ちる動きにつられて腕を落とすと空を切る音が変わり上手くできている様に思われる。要は陽の二式である。中丹田で斬る事を意識すると更に心地良く行えた。

型の制約上微妙な上下運動しかできないので陽の二式を正しく使うのが難しく繊細。(*:本来の一文字だと頭が上下せず一定高さを維持するようなので、上記のやり方ではなさそう。もしくは極々わずかな上下運動で行っているか。当該流派の者ではないので素人の勝手な解釈と思っていただきたい)f:id:dice-k-13110:20171211011153j:plain

なお、一文字は良い稽古になるが、足腰の強さと柔軟性が両方ないとできないので、おっさんには辛い。やりすぎると腰を痛めるかも…

 

最後に

最近基礎の復習に加えて、型のある技(一教など)もシャドー合気などしているので、そのあたりも現段階でやっている事、気が付いたことを一つずつまとめていこうと思う。学習はインプットに加え、考えをまとめてアウトプットすると効率が良いのである。そして睡眠。。。。

 

補足

ですます体はメール以外は仕事で使わないので、ブログを書くのが少し億劫になり気味でした。という訳で今回から使い慣れている文体で書いていきます。です。