合気道の秘伝を学ぶ  - 井口合気流護身術(IAM護身術) 二段のブログ -

合気道を活用した護身術の技術と考え方の紹介

皮膚感覚の技術 & 勝ちてしかる後に戦いを求む

 1. 皮膚感覚の技術

骨の技術(物理学を活用し最も力が入る形、相手は力が入らない形を取らせる技など)と皮膚の技術(生理学を利用し相手に力を入らせなくする技法)の次は、皮膚感覚の技術と呼ばれる技術を習得するための稽古をします。(と言いつつ、道場では全ての技術を並行して稽古したりしているので上下の垣根があまりありません。)

 

さて、この皮膚感覚の技術は、うまく決まると相手は力を全く感じることなくフワッと倒れたり崩れたりします。合気道で一見八百長に見える動きには、この技術が使われている事があります。

 

 

2. 繊細な技術

皮膚感覚の技術は、身に着けるまで苦労しました。骨の技術や皮膚の技術が上手くできた時は「この感覚か!」という実感がありましたが、皮膚感覚の技術はできているのかいないのか、その実感を得る事にすら時間を要しました。

 

なぜかというと、皮膚の技術では、しっかりと接触している感覚が肝となりますが、皮膚感覚の技術は非常に繊細なタッチが肝となります。「当たらない、だけど、触れている」という絶妙な感覚が要求されるのです。

 

しかもその繊細さを、手先や腕の動きで求めてはいけません。

 

手先や腕の動きで行おうとすると、相手に感知されるので、先に述べた「相手は力を全く感じることなくフワッと倒れたり崩れたり」 という状態にならないのです。

 

ではどうすればよいか?骨の技術と皮膚の技術を組み合わせる必要があります。

過去の記事、接触点を中心にして舞うの、小手返しは小手先で行わないがまさにこの動きです。まずは骨の技術で学んだ最も力が入る骨格構造を維持することが肝要です。そして相手には力が入らない状態を強いる…。かなり難易度が高い技です。

 

 

3. やはりDont think feel

皮膚感覚の技術は一人稽古(後日紹介する、タンジンレンケイと触れない杖回し)で感覚は養えたのですが、人相手に使おうとするとどうしてもうまくいきませんでした。

 

稽古してみるとわかるのですが、皮膚感覚を感じるには高い集中力を要します。しかし、技をかける対象は自由に動き回るし、場合によっては抵抗してくるのです。

それ故に皮膚感覚の技術を使う事だけに集中できず苦労しました。

 

これを解決する手段は、逆説的なのですが、皮膚感覚だけに集中するのです。相手を捉えた後は皮膚感覚だけに集中します。捉えておけば後で何をされようが頭を使わず感覚で対処できます。Dont think feelですね。

 

相手の腕に皮膚感覚をかけておけば、たとえ蹴りを繰り出されても容易に崩すことができます。皮膚感覚とはその名の通り、感覚の技術。感覚で捉える事が重要です。

 

 

4. 勝速日(かつはやひ)

相手を捉えるという事で、皮膚感覚の技術から少し話がそれますが、合気道の概念、技術の一つである、勝速日(かつはやひ)を紹介いたします。これは、相手の全てを間合いに入ってくる前に捉えておく技術です。

 

 

“勝兵は先ず勝ちて而る後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いて而る後に勝ちを求む”

(勝つ者は勝利した状態を得た後に戦いを始め、敗ける者はとりあえず戦いを始めてから勝利を求める)と孫子も言っているように、先に勝利しておけば、戦いが始まった直後に勝利できます。相手が攻撃してきた後に反応して、何かしようとするのは愚の骨頂です。

 

勝速日は上位技術(空間感覚、心法)に含まれますが、4級、3級の正面打ちや正面突きの稽古の際もしっかり行うようにします。昇級、昇段してから改めて意識するというやり方では、妙な癖や先入観がついてしまうからです。癖や先入観はなかなか修正が難しいですからね。

 

 

おまけ:皮膚感覚の技術ができているか否か確認方法

相手の手の平に指先をつけた後、相手に手をランダムに動かしてもらいます。多くの人はついていけないと思いますが、皮膚感覚の技術を使えば、ついていくことができます。自分が目を閉じ、相手がその場から動きながら手を動かしたとしてもピッタリとついていくことができます。