合気道の秘伝を学ぶ  - 井口合気流護身術(IAM護身術) 二段のブログ -

合気道を活用した護身術の技術と考え方の紹介

こだわりを捨てよ

1. 皮膚の技術

今回から皮膚の技術に関して触れていきます。

皮膚の技術基礎はやり方さえ聞けば、誰でもある水準のレベルで出来てしまう技なのですが、咄嗟の時(昇給審査では正面打ち)、にそうそうできるものではありません。

 

そこで稽古に取り組むわけですが、稽古内容のパッと見は骨の技術の時と変わりません。腕をとって押し合ったり、体の転換をしたります。変わっているのは意識する内容と本当に微妙な動きです。

 

一見全く同じことをしているようで、微妙に高度な稽古。この流れは初段、二段になっても続きます。また、あえて下位技術の動きをすることもあるのですが、上位技術を学んだあとに行うと新たな発見があります。

 

一方向から見ると同じところをぐるぐる回り続け成長していないように見えても、三次元的にみると少し上昇している(下図)。そしてある日突然グイッ一段上の段階に成長します。これは仕事や学問でも言える事ですね。

f:id:dice-k-13110:20170831002750j:plain

Fig.1 螺旋の成長

この急激な成長を感じる爽快感、充実感も稽古のモチベーションなのかもしれません。

 


2. 皮取り
さて皮膚の技術に戻ります。皮膚の技術の一つである「皮取り」と言われる技を使用された相手は正常な力が出せなくなります。正確には、出すべき力の方向が見つからず混乱するといった方が良いかもしれません。

 

それ故に一種の金縛り状態を作ることもできます。倒された状態で皮取りされると、力を入れる方向が見当たらなくなって立ち上がれなくなるのですが、傍から見ると八百長にしか見えません。「なんで早く立ち上がらない?」と。

 

具体的なやり方の公開は控えて、濁して書かせて頂きますが、相手の腕を皮取りを使って取るときは、力がぶつからないよう、気の流れを斬るように相手の腕をとります。自然にできるよう、よく一人稽古をしていたので概要を紹介いたします。(詳細は後日簡単な図も付けて紹介します。)

 

皮取りの稽古
①自分の片腕の皮を逆側の手でつかむと同時に取る
②手の平を壁に付けて、壁の皮を取る=自分の手の平の皮を取られるように動く。
 皮を取っている圧力を維持したまま体を移動させ、維持が難しい姿勢になってきたら     別の場所で皮を取る(脚でも肩でもどこでも皮取りは可能!)

 

 

3.成長のために

皮膚の技術はさほど習得に苦労はしませんでしたが、次の段階である皮膚感覚の技術習得にはかなり時間を要しました。

 

これは皮膚の技術と皮膚感覚の技術は方向性が異なる技術であり、皮膚感覚の技術を習得する稽古では皮取りの動きを捨てる必要があった事、しかし皮取りの動きが神経回路に組み込まれていた事、皮取りの威力が強力であるが故に深層心理下で皮取りに固執していた事が理由と考えられます。

 

一段階上に進むためにはこだわりを捨てる必要があります。

 


「やりやすいからこの方法を続ける」というやり方では頭打ちになります。昨今のAI技術の成長は目覚ましく、30年後には今ある仕事の40%は人間がやらなくて済むといわれています。このように、「今のやり方」というものはいつか通用しなくなる時がやってきます。


自らの五感を使って体感、実感し、「本物である」と感じたならば、古い身体を脱ぎ捨てる必要があるのです。

円を描き続けて留まるか、上昇するための螺旋を描くか。最も大事なことは、こだわりを捨てる事と私は思います。