合気道の秘伝を学ぶ  - 井口合気流護身術(IAM護身術) 二段のブログ -

合気道を活用した護身術の技術と考え方の紹介

接触点を中心として舞う

温故知新
最近の稽古は、陰(力を伝える方向と重心移動が逆の動きをする技術の総称)の比率が高く、基礎技術の復習が多くなっていますが、復習であるがゆえに、細かい点に感覚を研ぎ荒ませることができ、新たな発見ができています。
 
また、習得済の技術はじっくりイメージトレーニングをすることで、「ここが本質か!」と気づくことも多く、復習の大切さ、一人稽古の大切さを身に染みています。
さて、本日は陰の稽古の復習をしていて気が付いた点を紹介いたします。
 

小手返しは小手先でやらない
小手返しを知っている相手や、過剰に逆らおうとする相手には小手返しが綺麗に出来ない事があり、色々試していたのですが、結局のところ、本質である「接触点を動かそうとしない」、「自分が動いて相手が動いたら合わせてあげると同時に導く」という事を失念していたことが原因と分かりました。傍から見た動きは、捉えた点を中心に動いているのですが、「小手返しをやろう」という意思が強すぎて、腕を使っていたのです。

これでは、相手に意が伝わりますので、反射神経や運動神経で対応されてしまいます。合気道は相手の気に合わせ、一体となって動くことが必要です。捉えた小手を中心に舞い、そのエネルギーをそのまま流すだけであり、腕を使うのは相手が崩れた後のフォロースルーに過ぎません。まずは自分が動くことが最優先という事です。
 
帰宅中にはっと気が付いたことなので、実際に試すことはできませんでしたが、他の技術に関しても同じことが言えます。
 
 
陰を使って相手を崩す稽古(収縮と膨張)
例えば、相手を引き寄せつつバランスを奪って倒す稽古(図1)でも、相手を引き寄せようとは全く思わず動いています。ただ自分の重心が前方へ移動するベクトルと、後方へ相手が向かうベクトルが釣り合うように動こうとしているだけです。
 
なお、この場合の中心は、自分と相手の中間になります。この中心に対し、自分の重心と相手との接触点を収束させる意識で動くと、「引き寄せよう」という意識が相手にばれなくなると思います。

f:id:dice-k-13110:20170716174856j:plain

 

合気道は自分中心かつ相手に合わせる
上記の稽古や技術を使っていると、「相手をどうにかしてやろう」とは考えていないことに気が付きました。振り返ってみると、先生の指導も相手をこうしろああしろという内容は含まれていない気がします。
 
自分が完全な動きをすることで相手がつられ、つられた相手に合わせてあげる。相手と接触したのちは完全に自分の世界に入り込んだ方が技は効いていると思います。合気道が「動く禅」といわれるのもわかる気がします。
 
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
興味を持たれましたら体験も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
松尾
dice.k.13110@gmail.com
--------------------------------------------------------------------------------------------------------