合気道の秘伝を学ぶ  - 井口合気流護身術(IAM護身術) 二段のブログ -

合気道を活用した護身術の技術と考え方の紹介

空間感覚の技術 -横面打ち- その一

 井口合気流護身術では、合気道の秘伝を下表に記す4つの技術に分類して稽古しておりますが、今回は、空間感覚の技術、すなわち心理学的な反応を利用し、相手に錯覚を与える技術の一部を紹介いたします。

 

 

空間感覚の技術でできる事

 空間感覚の技術を使用されると、一瞬頭が真っ白になったり、フワフワとした感覚になったりします。具体的には下記のような事が可能です。

 

 1) 相手の打撃をかわした後、その場から消えたように感じさせることができる。

 2) 相手の動きを導くことができる

 3) 触れることなく、相手を船酔いのような状態にすることができる。Etc…

 

 この空間感覚の技術を習得するために、横面打ちを用いた稽古を二級から行っております、さて、具体的な動き方ですが、基本の横面打ちは、3つの動きに分けられます。すなわち、

 ①相手の横面打ちが放たれる前から、あたかも放たれたかの如く、ある動作を行い、間合いの外で捉え

 ②相手に合わせて距離を詰めて、相手の中心軸と一体となり

 ③相手の中心軸の中で、自身の身体を旋回させる。

 

といった具合です。これらの動きで相手の動きを導きつつ、バランスを崩し、その後、一教や二教等を仕掛けます。

 

次に詳細を見ていきたいのですが、①には三段以上の技術も一部含まれているとの事なので、申し訳ありませんが割愛させて頂きます。

 

②の相手の中心軸”に関しては、体の中心を貫く中心軸と、最も力が伝達できる体の前方にある軸の二つがありますが、横面打ちでは後者の軸を捉えます。

力を伝えやすい軸は、諸刃の剣です。自分が使用できれば相手に効率よく力を伝達できますが、相手に取られてしまうと、力が効率よく伝わる感覚があるが故に、簡単に動きを導かれてしまいます。

 

なお、中心軸をとる感覚は、以前紹介した"繋がる感覚”の空間版となります。慣れてくると一定距離に近づいた段階で相手と繋がった感覚が得られるのですが、この感覚を磨くには、壁や樹に近づいていき、不快感や違和感が出てくる距離を覚えておくとよいでしょう。人相手では各人ごとのパーソナルスペース(他者が入ってくると不快に感じる距離感)に対し、敏感になる事も稽古になると思います。

 

なお、この距離感と繋がる感覚に関して、道場で私は両手を用いて下記のような説明をするのですが、先生以外の方々はその説明で納得されていないようです。よって文章では尚更、「何を言っているんだ?」と、読者の方々に思われそうなのですが、これが分かると空間感覚に関し、さらに理解が深まると思いますので、紹介いたします。

 

 

両手を用いた説明

両手の平を近づけると、ある距離で減速したくなるので、その瞬間にその距離を維持したまま旋回させます。減速したくなる距離とは、両手が繋がった感覚がある距離です。うまく両手が繋がっていると手を旋回した際、心地よさがあるはずです。これを相手の身体と自分の身体で行うのが、横面打ちの捌きです。