合気道の秘伝を学ぶ  - 井口合気流護身術(IAM護身術) 二段のブログ -

合気道を活用した護身術の技術と考え方の紹介

剛の塩田師範と、柔の井口師範

1. 柔の感覚を出すには
 合気道の技を受けた際、二通りの感じ方があります。一つ目は「やられた!」という感じで、もう一つは「ふんわりとして何が起こったかわからない」という感じ方です。
 
 合気道の達人では、塩田剛三師範が非常に有名ですが、塩田師範は一つ目の「やられた!」という感じの技を好んでいたそうです。そして井口師範は「何が起こったかわからない…」方の技を好んでいたとか。
 
 井口合気流護身術では、両方の技術を学んではいますが、井口流を標榜している為、二級以上の稽古で中心となるのは、「ふんわりとしていて何が起こったか分からない」系統の技術になります。では、この何が起こったか分からないという状態は、どのようにして作られるのでしょうか?
 
それは「情報の遮断」により成されます。相手は情報が得られないがゆえに「何が起こったか分からない」と感じるのです。
 
 
2. 情報の遮断
 情報の遮断にはいくつかの方法がありますが、初段以降で稽古する、心法の技術(心理学)では、相手への情報を遮断する為に自らも騙すべく、ある概念を使っています。その概念とは”気”です。
 
 さて、井口合気流護身術では、「科学的な観点からの合気道習得」をうたっているのに、突然「気」という概念が出てきました。実は、気の存在有無はこの技術を使う上で重要ではありません。重要な事は、気が流れているという意識で技を繰り出すことであり、相手に自らの意を読ませなくさせる事が重要なのです。
 
 人間の感覚とは非常に鋭敏であり、優れた職人は物を触って0.1mmの厚さの違いが感知できるといいます。座り技呼吸法の稽古などで、相手の腕に触れた状態で相手が腕を使って何かしようとした場合、相手が職人や達人でなくとも、「なにか腕を使ってしてくるな」と感じる事ができるくらいに人体は敏感にできています。
 
 一方、詳細は公開できませんが、丹田から気が流れる概念を使って技を繰り出すと、相手は何か来ると感知することなく、力を伝達されてしまうので、訳が分からないうちに倒されることになります。相手は不意打ちをくらったようなものなので、使い手に筋力や瞬発力がなくとも、相手を制することができるのです。

(なお、敢えて違う情報を与えたり、情報と行為にズレを起こしたりすることで「やられた!」と感じさせることができるのだと思います。不意打ちに対して、こちらはフェイントにかけられたような感覚ではないでしょうか。)
 
 
3. 情報遮断の稽古
 初心者のころから行われる稽古に、正座した状態で上から手を押さえつけられ、その手を持ち上げて返すという稽古がありますが、この稽古は骨の技術(物理学、人体構造)、皮膚の技術(生理学)に加え、実は情報遮断の技術へと繋がる、心法の技術をつかう感覚を養う稽古にもなっています。
 
 腕を上げて押し返す際、ある位置にある方向へ荷重を加える事を意識し、腕を上げているのですが、これは相手への情報を遮断するとともに、自分の意識も別の場所に外すことによって、意を悟らせない効果も含まれているのです。
 
 
4. まとめ
 今回は備忘録もかねて、初段、二段の技術について紹介させて頂きました。
まとめますと、井口流で使われる気とは、相手と自分を騙すため、情報を遮断するため、使われる概念と言えるのだと思います。