読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合気道の秘伝を学ぶ (井口合気流護身術 初段のブログ)

合気道を活用した護身術の技術と考え方の紹介

繋がる感覚

繋がる感覚
鋭敏化の話をしたので、繋がる感覚の話もしたいと思います。相手と繋がる/一体化して技をかけることで、相手とぶつかる感覚なく、抵抗を感じることなく技をかけることができます。
 
当会の稽古では、初期段階では大きな動きから練習し、レベルが上がるにつれて小さい動きにしていくという稽古方法をとっていますが、繋がる感覚の稽古の初期段階では、繋がる瞬間に相手を崩し、力の入らない姿勢、骨格構造をとらせます。そして、高レベルの段階では、多くの方は知覚できない、極微妙な動きで相手を崩しています。
 
繋がる感覚、すなわち相手と一体となる感覚を使う技と言いますと、合気道の奥義という印象ですが、基礎である”骨の技術”の延長であるとも捉えることができます。
 
 
体得する為の意識
さて、繋がる感覚を体得する為の稽古ですが、多くの道場でも、稽古に含んでいる事と思われます。と言いますのは、正面打ちや正面付きを崩す、第一勢がそれに相当するからです。
 
第一勢では、相手を崩すことを重視しているはずですが、崩す際に、相手の〇〇を折る感覚で入る事を意識すると、繋がる感覚へと繋がっていく稽古になると思います。
逆に最もやってはいけないやり方は、打ち出さた相手の腕を止めようとするやり方です。

f:id:dice-k-13110:20170514203638p:plain

 
なお、宮本武蔵五輪の書』、水の巻で書かれている入り身のやり方は参考になるので紹介いたします(私なりに少し崩して書いてます。)
 
 
五輪の書記載の入り身のやり方
①しうこうの身
敵へ入り身する時、少しも手を出す心はなく、敵が打つ前に、体をはやく入れる心也
手を出そうと思えば、必ず体が遠のいてしまうので、全身を素早く敵の中に入れる心也
 
②しつかうの身
敵の身に入り身する時、頭をつけ、体をつけ、足をつけ、つよくつよくつく所也。
人は皆、顔、足は早く入れてくるけれども、身が退くもの也。
敵の体に自分の体をつけて、間があかないようによく付けるもの也。
 
たけくらべ
自分の身体が縮まないようにして、足を伸ばし、腰を伸ばし、首をも伸ばして強く入り、敵の顔と自分の顔をと並べ、身のたけをくらべ、くらべて勝つと思うほど、丈(たけ)を高くして強く入ることが、肝心也。
 
 
最後に
入り身の練習も、繋がる感覚へと繋がる稽古なのですが、色々と考えすぎると”感覚”というのは身に付きづらいものです。従いまして、初心者のうちは、上記三つの入り身を意識していただければと思います。繋がる感覚は、片手どり(当会では1級相当)で本格的に意識した稽古を行っていました。
 
さて、思いつくままに書いているので順番が前後しましたが、次回は陰の技術に関して書こうと思います。
 

※:文章にして自分の考えとまとめ、後継者に伝えていきたいと思っていますが、この場ですべてを公開すると、他道場での転用等も懸念されますので、理論を公開するのは、初伝や骨の技術までとし、皮膚の技術より上位の技術に関しては、稽古方法と考え方のみの紹介に留めさせていただきます。
 
興味ある方がおられましたら、和歌山という辺鄙な場所ですが、ぜひ体験にお越しください。