合気道の秘伝を学ぶ  - 井口合気流護身術(IAM護身術) 二段のブログ -

合気道を活用した護身術の技術と考え方の紹介

身体感覚の鋭敏化の稽古

骨の技術とは、”人体が最も力を発揮できる構造を利用する技術”と説明いたしました。これは同時に、”運動エネルギーを最も効率よく伝える技術”でもあります。
 
そして、その技術レベルを上げるには、身体感覚の鋭敏化が有効である、と紹介いたしましたので、今回は、その稽古方法の一つを紹介させていただこうと思います。
 
 
ハイワン
気功などで取り入れられている動きだそうです。似た動きで合気道には、天の鳥船の行(あめのとりふねのぎょう)というものがありますが、脱力と身体感覚の鋭敏化の為には、よりシンプルな、”ハイワン”で十二分です。(いきなり天の鳥船の行をやり始めても、無駄な力が入ってしまい、本来の稽古や鍛錬にならないと思われます。)
 
ハイワン一つとっても、様々な感覚が養えますが、今回は骨の技術と、皮膚感覚の技術を得る為に必要な、”感覚”を紹介するに留めさせていただきます。さて、その稽古方法ですが、下図になります。
 

f:id:dice-k-13110:20170510003656j:plain

重心移動の力で腕を振る事が、骨の技術の稽古になります。
「腕を捨てる感覚」、「腕を拾う感覚」を意識する事は、皮膚感覚の技術の稽古にもなっているかもしれません。
 
 
運動エネルギーの伝達
さて、身体感覚が鋭敏になり、運動エネルギーが体を伝わる感覚は身につきました。
しかし運動エネルギーを相手に伝えるにはどうすればよいのでしょうか?
 答えは”接触する事”です。運動エネルギーは接触点からしか伝わらないからです。

では、腕から運動エネルギーを伝えるとき、腕力が必要でしょうか?全く必要ありません、触れてさえいれば、重心移動のエネルギーは相手に伝わります。腕は体が動くことで生じるエネルギーを伝達する道でしかありません。そして、その意識で触れたまま動くと、心理的な働きもあり、相手を導くことができるのです。
 
合気道は、物理学と心理学(さらには生物学)を活用した技術であり、理論(秘伝)を知れば短期間で護身術として使用できる水準に達することができます。
 
 
IAM護身術では、その理論を入門時から惜しむことなく学ばせてもらっており、毎回楽しい発見があります。理だけでなく稽古の度に、身体感覚が鋭敏になるだけでも楽しいものです。この感覚は、スポーツで新しい技を習得した時の感覚や、トレーニングの成果が出て動きのキレがよくなったと実感できた時に近いものです。ダンス等の経験者にはよくわかってもらえそうな気がします。
 
 
余談
ちなみに、本日の稽古では対ボクシングの練習として、錯覚を利用した防御と体制の崩し方を復習しました(亀田戦の翌日だから?)。レベルが上がれば、心理誘導の技術(心法)の割合も増えてくるのですが、開祖や達人の方はよくこんな方法を思いついたなぁと毎回驚かされます。
 
興味を持たれた方がいましたらお気軽にお問い合わせください。