合気道の秘伝を学ぶ  - 井口合気流護身術(IAM護身術) 二段のブログ -

合気道を活用した護身術の技術と考え方の紹介

骨の技術 (物理学)

骨の技術は心地よい

1. 稽古とは「なんでやってるの?」「一体何を目指してるの?」プロでもないのに何かに熱中して打ち込んでいる人は分野を問わず、こういう事を言われることが多々あろうかと思います。その問いの答えはシンプルで、「楽しいから」「気持ちいいから」ではない…

相手を動かすにはまず自分が動く & Don’t think, feel.

タイトル前半は以前紹介した相手を動かす秘訣ですが、さらに加えますと、「相手が自発的に動き出したら、その動きの流れに乗るだけ。自ら動かそうとしないことが相手を動かす秘訣」となります。先日、上手く技がかけられなかった時、再認識したのですが、今…

作用反作用逆転の発想

前方に力を伝えると、後方へも力が加わります。前方へ力を伝えたい場合、普通は前方へ力を伝えようとします。しかし、後方へ力を伝えようとし、その際生まれた反作用の力を使うという方法も存在します。それこそが、我々の使う、”隠”です。 “陰”には、前回、…

接触点を中心として舞う

温故知新最近の稽古は、陰(力を伝える方向と重心移動が逆の動きをする技術の総称)の比率が高く、基礎技術の復習が多くなっていますが、復習であるがゆえに、細かい点に感覚を研ぎ荒ませることができ、新たな発見ができています。 また、習得済の技術はじっ…

陰の技術

骨の技術(物理学)の基礎である、陽の技術と陰の技術は、運動エネルギーの方向によって次のように定義されます。 陽:重心が動いた方向と、相手に与える運動エネルギーの方向が同じ 陰:重心が動いた方向と、相手に与える運動エネルギーの方向が逆 入り身の…

繋がる感覚

繋がる感覚 鋭敏化の話をしたので、繋がる感覚の話もしたいと思います。相手と繋がる/一体化して技をかけることで、相手とぶつかる感覚なく、抵抗を感じることなく技をかけることができます。 当会の稽古では、初期段階では大きな動きから練習し、レベルが上…

陽の技術 運動エネルギーの伝達

前回に引き続いて「陽の技術」 を説明いたします。陽の技術とは、作り出した運動エネルギーの方向へ力を伝える技術と前回紹介しました。シンプルな動作で充分なエネルギーがなぜ出せるのでしょうか?自分の体重の鉄球や鉄の柱をイメージして下さい。それらが…

Simple is Best  -当身、骨の技術-

当身七分に技三分 投げ技で相手をコロコロと転がすイメージが強い合気道ですが、「当身七分に技三分」と言われており、当身(打撃)が重要視されています。様々な解釈がありますが、当身の理は技(投げ)にも使える為、当身を磨けば投げの質も向上する事も理…