読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合気道の秘伝を学ぶ (井口合気流護身術 初段のブログ)

合気道を活用した護身術の技術と考え方の紹介

井口合気流護身術(IAM護身術)について

井口合気流護身術とは? 合気道の達人、故・ 井口雅博師範が残した秘伝に、 科学的なアプローチを加える事によって、短期間で習得でき、身体能力に依存せず使用できる護身術です。 別名を、IAM護身術(Self-Defense by Iguchi Akido Method)と呼びます、そし…

陰の技術

骨の技術(物理学)の基礎である、陽の技術と陰の技術は、運動エネルギーの方向によって次のように定義されます。 陽:重心が動いた方向と、相手に与える運動エネルギーの方向が同じ 陰:重心が動いた方向と、相手に与える運動エネルギーの方向が逆 入り身の…

繋がる感覚

繋がる感覚 鋭敏化の話をしたので、繋がる感覚の話もしたいと思います。相手と繋がる/一体化して技をかけることで、相手とぶつかる感覚なく、抵抗を感じることなく技をかけることができます。 当会の稽古では、初期段階では大きな動きから練習し、レベルが上…

身体感覚の鋭敏化の稽古

骨の技術とは、”人体が最も力を発揮できる構造を利用する技術”と説明いたしました。これは同時に、”運動エネルギーを最も効率よく伝える技術”でもあります。 そして、その技術レベルを上げるには、身体感覚の鋭敏化が有効である、と紹介いたしましたので、今…

陽の技術 運動エネルギーの伝達

前回に引き続いて「陽の技術」 を説明いたします。陽の技術とは、作り出した運動エネルギーの方向へ力を伝える技術と前回紹介しました。シンプルな動作で充分なエネルギーがなぜ出せるのでしょうか?自分の体重の鉄球や鉄の柱をイメージして下さい。それらが…

Simple is Best  -当身、骨の技術-

当身七分に技三分 投げ技で相手をコロコロと転がすイメージが強い合気道ですが、「当身七分に技三分」と言われており、当身(打撃)が重要視されています。様々な解釈がありますが、当身の理は技(投げ)にも使える為、当身を磨けば投げの質も向上する事も理…

技の名は

今回は当会の基礎技術を紹介したいと思います。 1. 技の名は 井口師範は天才肌の武道家だったようで、橋本先生に対する指導は「ここをこう!わかるね!」「(技を見せて)これだけ!わかるね!」といった感覚的なものだったそうです。 さらに、秘伝は4つの幹…

全ての道はローマに通ず

先日「合気道の技術とは、ある意味でマジック。タネを知らないマジックに人は対処できない。」と書きました。では、逆にタネを知ってしまった相手や、同門の方には通用しないのでしょうか? 当会の技術紹介の前に、技を使う考え方に関して書こうと思います。…