合気道の秘伝を学ぶ  - 井口合気流護身術(IAM護身術) 二段のブログ -

合気道を活用した護身術の技術と考え方の紹介

完全脱力

1. 脱力 先週末の稽古にて、皮取りの練習の際、何度も相手の表面でぶつかる感覚があり、少々困惑しておりました。そこで、門下生の一人と、色々と試行錯誤を繰り返していたのですが、皮取りの稽古は受けに回ると体力を消耗します。疲れたので、ちょい休憩と…

皮膚感覚の技術 & 勝ちてしかる後に戦いを求む

1. 皮膚感覚の技術 骨の技術(物理学を活用し最も力が入る形、相手は力が入らない形を取らせる技など)と皮膚の技術(生理学を利用し相手に力を入らせなくする技法)の次は、皮膚感覚の技術と呼ばれる技術を習得するための稽古をします。(と言いつつ、道場…

IAM護身術世界進出?

1. 来訪者 一月前の話になりますが、シンガポールから橋本先生の個人稽古を受ける為、来日してくださった方がおられたようです。先生のHPとFacebookによると、、「それに比べると技術の質も、理論の質も次元が違う。個人指導の授業料が安すぎる」大変満足し…

ぶつからず、されど徹底的に

前回に続いて皮膚の技術の説明です。今回は皮取りの稽古方法を紹介します。 1. 皮膚の技術 皮膚の技術の基礎である、皮取りは、相手に力が正常に出せなくする技術です。この技を使う際は、相手の〇〇を剥がす様に皮をとりますが、この技術を使う際も例にもれ…

こだわりを捨てよ

1. 皮膚の技術 今回から皮膚の技術に関して触れていきます。 皮膚の技術基礎はやり方さえ聞けば、誰でもある水準のレベルで出来てしまう技なのですが、咄嗟の時(昇給審査では正面打ち)、にそうそうできるものではありません。 そこで稽古に取り組むわけで…

骨の技術は心地よい

1. 稽古とは「なんでやってるの?」「一体何を目指してるの?」プロでもないのに何かに熱中して打ち込んでいる人は分野を問わず、こういう事を言われることが多々あろうかと思います。その問いの答えはシンプルで、「楽しいから」「気持ちいいから」ではない…

温故知新  -体力と才能の限界-

二段の免状を頂いた際、「今ならこの本に書かれていることも意味がわかるだろう」と、ある本を先生に貸して頂きました。ザッと通して読んだ感想は「この本には奥義が書かれている!!」でした。が、これを一年前にお借りしたとしたら「…う、胡散くせぇ…!!…

相手を動かすにはまず自分が動く & Don’t think, feel.

タイトル前半は以前紹介した相手を動かす秘訣ですが、さらに加えますと、「相手が自発的に動き出したら、その動きの流れに乗るだけ。自ら動かそうとしないことが相手を動かす秘訣」となります。先日、上手く技がかけられなかった時、再認識したのですが、今…

すべての点はいつか繋がり線となる

かのスティーブ=ジョブズが、スタンフォード大学の演説において「その時は無意味に感じても、いつか点と点は線で繋がり、意味を成す時が来る。だから色んなことを体験しておけ。」という意味の事を述べていました。 これは武道に関しても言える事だと思いま…

作用反作用逆転の発想

前方に力を伝えると、後方へも力が加わります。前方へ力を伝えたい場合、普通は前方へ力を伝えようとします。しかし、後方へ力を伝えようとし、その際生まれた反作用の力を使うという方法も存在します。それこそが、我々の使う、”隠”です。 “陰”には、前回、…

敵と友達になるという事

前回の記事で紹介した、「格闘技は身体のコミュニケーションだが、敢えて思考と行動をずらし、会話のキャッチボールを行わない事で混乱させる」、という技術に関し、よくよく考えてみると、骨の技術(物理学)、皮の技術(生態学)でも使用している気がしま…

思考と行動のずれ

心法(心理学)先日紹介した「相手をどうにかしようとしない」という考え方を用いた技術に、空間感覚の技術(錯覚や心理学)を用いて相手の攻撃をかわして制する技があります。 具体的な方法は控えさせていただきますが、その考え方が、これまた先日紹介した…

接触点を中心として舞う

温故知新最近の稽古は、陰(力を伝える方向と重心移動が逆の動きをする技術の総称)の比率が高く、基礎技術の復習が多くなっていますが、復習であるがゆえに、細かい点に感覚を研ぎ荒ませることができ、新たな発見ができています。 また、習得済の技術はじっ…

人を動かす

人を動かすにはまず自分が動く 『人を動かす』とは、自己啓発本として古くから読まれている、デール=カーネギー氏の名著ですが、合気の技で人を動かすには、「まず自分が動く」事が必要となります。 『人を動かす』にもそんな内容が書いてあったような気も…

一期一会、 一人稽古

井口合気流護身術の道場では、”型”にこだわりを持たず稽古をしています。つい先日、型通りに技をかけようとしたのですが、腕の出し方を間違えた為、途中で動きを止めてしまうと、「そこで止まったらたら。型が違っても流れを維持し、相手を倒せればいい。」…

空間感覚の技術 -横面打ち- その一

井口合気流護身術では、合気道の秘伝を下表に記す4つの技術に分類して稽古しておりますが、今回は、”空間感覚の技術”、すなわち”心理学的な反応を利用し、相手に錯覚を与える技術”の一部を紹介いたします。 空間感覚の技術でできる事 空間感覚の技術を使用さ…

剛の塩田師範と、柔の井口師範

1. 柔の感覚を出すには 合気道の技を受けた際、二通りの感じ方があります。一つ目は「やられた!」という感じで、もう一つは「ふんわりとして何が起こったかわからない」という感じ方です。 合気道の達人では、塩田剛三師範が非常に有名ですが、塩田師範は一…

陰の技術

骨の技術(物理学)の基礎である、陽の技術と陰の技術は、運動エネルギーの方向によって次のように定義されます。 陽:重心が動いた方向と、相手に与える運動エネルギーの方向が同じ 陰:重心が動いた方向と、相手に与える運動エネルギーの方向が逆 入り身の…

繋がる感覚

繋がる感覚 鋭敏化の話をしたので、繋がる感覚の話もしたいと思います。相手と繋がる/一体化して技をかけることで、相手とぶつかる感覚なく、抵抗を感じることなく技をかけることができます。 当会の稽古では、初期段階では大きな動きから練習し、レベルが上…

身体感覚の鋭敏化の稽古

骨の技術とは、”人体が最も力を発揮できる構造を利用する技術”と説明いたしました。これは同時に、”運動エネルギーを最も効率よく伝える技術”でもあります。 そして、その技術レベルを上げるには、身体感覚の鋭敏化が有効である、と紹介いたしましたので、今…

陽の技術 運動エネルギーの伝達

前回に引き続いて「陽の技術」 を説明いたします。陽の技術とは、作り出した運動エネルギーの方向へ力を伝える技術と前回紹介しました。シンプルな動作で充分なエネルギーがなぜ出せるのでしょうか?自分の体重の鉄球や鉄の柱をイメージして下さい。それらが…

Simple is Best  -当身、骨の技術-

当身七分に技三分 投げ技で相手をコロコロと転がすイメージが強い合気道ですが、「当身七分に技三分」と言われており、当身(打撃)が重要視されています。様々な解釈がありますが、当身の理は技(投げ)にも使える為、当身を磨けば投げの質も向上する事も理…

技の名は

今回は当会の基礎技術を紹介したいと思います。 1. 技の名は 井口師範は天才肌の武道家だったようで、橋本先生に対する指導は「ここをこう!わかるね!」「(技を見せて)これだけ!わかるね!」といった感覚的なものだったそうです。 さらに、秘伝は4つの幹…

全ての道はローマに通ず

先日「合気道の技術とは、ある意味でマジック。タネを知らないマジックに人は対処できない。」と書きました。では、逆にタネを知ってしまった相手や、同門の方には通用しないのでしょうか? 当会の技術紹介の前に、技を使う考え方に関して書こうと思います。…

井口合気流護身術(IAM護身術)について

井口合気流護身術とは? 合気道の達人、故・ 井口雅博師範が残した秘伝を凡人にもわかりやすく噛み砕いて学ぶことにより、短期間で習得でき、身体能力に依存せず使用できるようにした、合気道の技法を用いた護身術です。別名を、IAM護身術(Self-Defense by I…