合気道の秘伝を学ぶ (井口合気流護身術 初段のブログ)

合気道を活用した護身術の技術と考え方の紹介

井口合気流護身術(IAM護身術)について

井口合気流護身術とは?
合気道の達人、故・ 井口雅博師範が残した秘伝に、 科学的なアプローチを加える事によって、短期間で習得でき、身体能力に依存せず使用できる護身術です。
別名を、IAM護身術(Self-Defense by Iguchi Akido Method)と呼びます、そしてIAM護身術の道場では、合気道の秘伝を科学的な観点から学び通じ、下記二つの目的をもって稽古をしています。
 
IAM護身術の稽古で目指すもの
 ①人体の最適な使い方の習得
 ②護身術として使用できる合気道の短期習得
 
合気の理は、素晴らしい技術の集合体であるとともに、他者と自分の関係性についても深く考えさせられます。一方で多くの道場では、秘伝と呼ばれる技術や考え方は、10年から20年以上稽古した人にしか伝えられないようです。合気の理、秘伝が正しく伝えられず、ついえてしまうのは勿体なく、また悲しいものです。
 そこで当ブログでは、入門者以外の方にも公開できる範囲で、技術や稽古方法を公開していこうと思います。読んで興味を持っていただけると幸いです。
 
 
IAM護身術の稽古で目指すもの
①人体の最適な使い方
合気道とは、物理学、生理学、心理学を融合させた技術を用いた武道です。従いまして合気道の本質を学ぶことは、人体と精神の正しい使い方も学ぶことになります。
我々の道場では、先生が直接細やかな指導をして下さるとともに、”秘伝”に属する技術を惜しみなく、噛み砕いて伝授してくださるので、短期間での習得が可能です。
 
 
②護身術として使用できる合気道の短期習得
危険に近づかない事が最優先ですが、このご時世、何が起こるかわかりません。通常の格闘技であれば身体能力が優れていなければ使用できず、術理を用いる武道、合気道等では護身術として使えるのは、才能がある方でさえ10年以上の稽古を積んだ後です。
 
そこで我々の道場では、入門当初から”秘伝”を科学的な観点から学び、1年で護身術として活用できるレベル*の合気を目指しています。
(*:格闘技、武道未経験者が相手なら、素手で十分対処できるレベル)
 
 
上記二つ以外にも、健康増進や、格闘技術の向上を目的に入門されている方もいます。
当ブログに興味を持たれましたら、ぜひ橋本先生が作成したホームページもご覧ください。
 
IAM護身術のホームページ
http://kenkogoshin.tank.jp/feature.html

空間感覚の技術 -横面打ち- その一

 井口合気流護身術では、合気道の秘伝を下表に記す4つの技術に分類して稽古しておりますが、今回は、空間感覚の技術、すなわち心理学的な反応を利用し、相手に錯覚を与える技術の一部を紹介いたします。

 

 

空間感覚の技術でできる事

 空間感覚の技術を使用されると、一瞬頭が真っ白になったり、フワフワとした感覚になったりします。具体的には下記のような事が可能です。

 

 1) 相手の打撃をかわした後、その場から消えたように感じさせることができる。

 2) 相手の動きを導くことができる

 3) 触れることなく、相手を船酔いのような状態にすることができる。Etc…

 

 この空間感覚の技術を習得するために、横面打ちを用いた稽古を二級から行っております、さて、具体的な動き方ですが、基本の横面打ちは、3つの動きに分けられます。すなわち、

 ①相手の横面打ちが放たれる前から、あたかも放たれたかの如く、ある動作を行い、間合いの外で捉え

 ②相手に合わせて距離を詰めて、相手の中心軸と一体となり

 ③相手の中心軸の中で、自身の身体を旋回させる。

 

といった具合です。これらの動きで相手の動きを導きつつ、バランスを崩し、その後、一教や二教等を仕掛けます。

 

次に詳細を見ていきたいのですが、①には三段以上の技術も一部含まれているとの事なので、申し訳ありませんが割愛させて頂きます。

 

②の相手の中心軸”に関しては、体の中心を貫く中心軸と、最も力が伝達できる体の前方にある軸の二つがありますが、横面打ちでは後者の軸を捉えます。

力を伝えやすい軸は、諸刃の剣です。自分が使用できれば相手に効率よく力を伝達できますが、相手に取られてしまうと、力が効率よく伝わる感覚があるが故に、簡単に動きを導かれてしまいます。

 

なお、中心軸をとる感覚は、以前紹介した"繋がる感覚”の空間版となります。慣れてくると一定距離に近づいた段階で相手と繋がった感覚が得られるのですが、この感覚を磨くには、壁や樹に近づいていき、不快感や違和感が出てくる距離を覚えておくとよいでしょう。人相手では各人ごとのパーソナルスペース(他者が入ってくると不快に感じる距離感)に対し、敏感になる事も稽古になると思います。

 

なお、この距離感と繋がる感覚に関して、道場で私は両手を用いて下記のような説明をするのですが、先生以外の方々はその説明で納得されていないようです。よって文章では尚更、「何を言っているんだ?」と、読者の方々に思われそうなのですが、これが分かると空間感覚に関し、さらに理解が深まると思いますので、紹介いたします。

 

 

両手を用いた説明

両手の平を近づけると、ある距離で減速したくなるので、その瞬間にその距離を維持したまま旋回させます。減速したくなる距離とは、両手が繋がった感覚がある距離です。うまく両手が繋がっていると手を旋回した際、心地よさがあるはずです。これを相手の身体と自分の身体で行うのが、横面打ちの捌きです。

剛の塩田師範と、柔の井口師範

1. 柔の感覚を出すには
 合気道の技を受けた際、二通りの感じ方があります。一つ目は「やられた!」という感じで、もう一つは「ふんわりとして何が起こったかわからない」という感じ方です。
 
 合気道の達人では、塩田剛三師範が非常に有名ですが、塩田師範は一つ目の「やられた!」という感じの技を好んでいたそうです。そして井口師範は「何が起こったかわからない…」方の技を好んでいたとか。
 
 井口合気流護身術では、両方の技術を学んではいますが、井口流を標榜している為、二級以上の稽古で中心となるのは、「ふんわりとしていて何が起こったか分からない」系統の技術になります。では、この何が起こったか分からないという状態は、どのようにして作られるのでしょうか?
 
それは「情報の遮断」により成されます。相手は情報が得られないがゆえに「何が起こったか分からない」と感じるのです。
 
 
2. 情報の遮断
 情報の遮断にはいくつかの方法がありますが、初段以降で稽古する、心法の技術(心理学)では、相手への情報を遮断する為に自らも騙すべく、ある概念を使っています。その概念とは”気”です。
 
 さて、井口合気流護身術では、「科学的な観点からの合気道習得」をうたっているのに、突然「気」という概念が出てきました。実は、気の存在有無はこの技術を使う上で重要ではありません。重要な事は、気が流れているという意識で技を繰り出すことであり、相手に自らの意を読ませなくさせる事が重要なのです。
 
 人間の感覚とは非常に鋭敏であり、優れた職人は物を触って0.1mmの厚さの違いが感知できるといいます。座り技呼吸法の稽古などで、相手の腕に触れた状態で相手が腕を使って何かしようとした場合、相手が職人や達人でなくとも、「なにか腕を使ってしてくるな」と感じる事ができるくらいに人体は敏感にできています。
 
 一方、詳細は公開できませんが、丹田から気が流れる概念を使って技を繰り出すと、相手は何か来ると感知することなく、力を伝達されてしまうので、訳が分からないうちに倒されることになります。相手は不意打ちをくらったようなものなので、使い手に筋力や瞬発力がなくとも、相手を制することができるのです。

(なお、敢えて違う情報を与えたり、情報と行為にズレを起こしたりすることで「やられた!」と感じさせることができるのだと思います。不意打ちに対して、こちらはフェイントにかけられたような感覚ではないでしょうか。)
 
 
3. 情報遮断の稽古
 初心者のころから行われる稽古に、正座した状態で上から手を押さえつけられ、その手を持ち上げて返すという稽古がありますが、この稽古は骨の技術(物理学、人体構造)、皮膚の技術(生理学)に加え、実は情報遮断の技術へと繋がる、心法の技術をつかう感覚を養う稽古にもなっています。
 
 腕を上げて押し返す際、ある位置にある方向へ荷重を加える事を意識し、腕を上げているのですが、これは相手への情報を遮断するとともに、自分の意識も別の場所に外すことによって、意を悟らせない効果も含まれているのです。
 
 
4. まとめ
 今回は備忘録もかねて、初段、二段の技術について紹介させて頂きました。
まとめますと、井口流で使われる気とは、相手と自分を騙すため、情報を遮断するため、使われる概念と言えるのだと思います。

陰の技術

骨の技術(物理学)の基礎である、陽の技術と陰の技術は、運動エネルギーの方向によって次のように定義されます。

 陽:重心が動いた方向と、相手に与える運動エネルギーの方向が同じ
 陰:重心が動いた方向と、相手に与える運動エネルギーの方向が逆
 
入り身の際、体全体で相手の懐に入りつつ、触れた相手の腕を遠くへ伸ばすようにして相手を崩したり、小手返しで、ひねる方向と逆方向に自分が移動したりする動きも、陰の技術となります。
 
ちなみにクラブマガというイスラエル軍の近接格闘技で、銃を突き付けられた時の対処法という動画を見ましたが、使われていた技術には、陰の三式が含まれていました。自分の重心を落下させ、反作用である上方向へのエネルギーを腕から伝える動きです。

f:id:dice-k-13110:20170521213713p:plain

 

なお、陽の技術、陰の技術を意識し、「重心移動のエネルギーを伝える」という意識で動くと、無駄な力みが消えるとともに、相手に動きが悟られづらくなります。

合気道の極意は、「情報の遮断」であると橋本先生はよくおっしゃっています。筋力でどうにかしようとすると、肩や脚に力が入りますが、人間の目は我々が思っている以上に感度がよい為、わずかな力みでも感知できるので、相手は反射神経で対応、反応できるのです。

 

一方、”重心を移動させたエネルギーを伝える”という意識で動くと、力みが消え、相手が感知する前に、接触点から突如運動エネルギーが伝わるため、反射神経で対応できなくなります。いつの間にか体制を崩されてしまい、何が起こったかわからなかった、と感じるというわけです。

この他にも多くの情報を遮断する技術がありますが、ここでは「運動エネルギーを伝えるという意識」のみに留めさせていただきます。

 

最後に、陰の一式の当身を記します。

重心を後ろに引き、そのエネルギーの反作用を前方に押し出す動きです。

f:id:dice-k-13110:20170521213650p:plain

さて、「運動エネルギーは接触点からのみ伝わる」と、過去紹介しました。そうであれば、当然地面からも反対方向のエネルギーが伝わるはずですが(反作用)、作り出したエネルギーを相手に伝えるという意識が重要なのであえて記載していません。(さらに言うとベクトルと書いた方が適切なのかも知れませんが、エネルギーを伝える、流す感覚が重要なので、エネルギーと書いております。)

 


余談2
先週の稽古にて、先生から

合気道とは自分勝手な武道である。自分が世界の中心にならないといかん。」
「相手に与え、相手が動きやすいように動いてあげる。けれど世界の中心は自分。」
「与えると同時に与えられている。」

といったことを習いました。昔も似たようなことを聞いたときは全く理解できませんでしたが、今回は、「なるほど確かにその感覚だ。」と思うことができました。自分の感覚や、動きが磨かれていく感覚はとても楽しいものですね。

 

繋がる感覚

繋がる感覚
鋭敏化の話をしたので、繋がる感覚の話もしたいと思います。相手と繋がる/一体化して技をかけることで、相手とぶつかる感覚なく、抵抗を感じることなく技をかけることができます。
 
当会の稽古では、初期段階では大きな動きから練習し、レベルが上がるにつれて小さい動きにしていくという稽古方法をとっていますが、繋がる感覚の稽古の初期段階では、繋がる瞬間に相手を崩し、力の入らない姿勢、骨格構造をとらせます。そして、高レベルの段階では、多くの方は知覚できない、極微妙な動きで相手を崩しています。
 
繋がる感覚、すなわち相手と一体となる感覚を使う技と言いますと、合気道の奥義という印象ですが、基礎である”骨の技術”の延長であるとも捉えることができます。
 
 
体得する為の意識
さて、繋がる感覚を体得する為の稽古ですが、多くの道場でも、稽古に含んでいる事と思われます。と言いますのは、正面打ちや正面付きを崩す、第一勢がそれに相当するからです。
 
第一勢では、相手を崩すことを重視しているはずですが、崩す際に、相手の〇〇を折る感覚で入る事を意識すると、繋がる感覚へと繋がっていく稽古になると思います。
逆に最もやってはいけないやり方は、打ち出さた相手の腕を止めようとするやり方です。

f:id:dice-k-13110:20170514203638p:plain

 
なお、宮本武蔵五輪の書』、水の巻で書かれている入り身のやり方は参考になるので紹介いたします(私なりに少し崩して書いてます。)
 
 
五輪の書記載の入り身のやり方
①しうこうの身
敵へ入り身する時、少しも手を出す心はなく、敵が打つ前に、体をはやく入れる心也
手を出そうと思えば、必ず体が遠のいてしまうので、全身を素早く敵の中に入れる心也
 
②しつかうの身
敵の身に入り身する時、頭をつけ、体をつけ、足をつけ、つよくつよくつく所也。
人は皆、顔、足は早く入れてくるけれども、身が退くもの也。
敵の体に自分の体をつけて、間があかないようによく付けるもの也。
 
たけくらべ
自分の身体が縮まないようにして、足を伸ばし、腰を伸ばし、首をも伸ばして強く入り、敵の顔と自分の顔をと並べ、身のたけをくらべ、くらべて勝つと思うほど、丈(たけ)を高くして強く入ることが、肝心也。
 
 
最後に
入り身の練習も、繋がる感覚へと繋がる稽古なのですが、色々と考えすぎると”感覚”というのは身に付きづらいものです。従いまして、初心者のうちは、上記三つの入り身を意識していただければと思います。繋がる感覚は、片手どり(当会では1級相当)で本格的に意識した稽古を行っていました。
 
さて、思いつくままに書いているので順番が前後しましたが、次回は陰の技術に関して書こうと思います。
 

※:文章にして自分の考えとまとめ、後継者に伝えていきたいと思っていますが、この場ですべてを公開すると、他道場での転用等も懸念されますので、理論を公開するのは、初伝や骨の技術までとし、皮膚の技術より上位の技術に関しては、稽古方法と考え方のみの紹介に留めさせていただきます。
 
興味ある方がおられましたら、和歌山という辺鄙な場所ですが、ぜひ体験にお越しください。
 

身体感覚の鋭敏化の稽古

骨の技術とは、”人体が最も力を発揮できる構造を利用する技術”と説明いたしました。これは同時に、”運動エネルギーを最も効率よく伝える技術”でもあります。
 
そして、その技術レベルを上げるには、身体感覚の鋭敏化が有効である、と紹介いたしましたので、今回は、その稽古方法の一つを紹介させていただこうと思います。
 
 
ハイワン
気功などで取り入れられている動きだそうです。似た動きで合気道には、天の鳥船の行(あめのとりふねのぎょう)というものがありますが、脱力と身体感覚の鋭敏化の為には、よりシンプルな、”ハイワン”で十二分です。(いきなり天の鳥船の行をやり始めても、無駄な力が入ってしまい、本来の稽古や鍛錬にならないと思われます。)
 
ハイワン一つとっても、様々な感覚が養えますが、今回は骨の技術と、皮膚感覚の技術を得る為に必要な、”感覚”を紹介するに留めさせていただきます。さて、その稽古方法ですが、下図になります。
 

f:id:dice-k-13110:20170510003656j:plain

重心移動の力で腕を振る事が、骨の技術の稽古になります。
「腕を捨てる感覚」、「腕を拾う感覚」を意識する事は、皮膚感覚の技術の稽古にもなっているかもしれません。
 
 
運動エネルギーの伝達
さて、身体感覚が鋭敏になり、運動エネルギーが体を伝わる感覚は身につきました。
しかし運動エネルギーを相手に伝えるにはどうすればよいのでしょうか?
 答えは”接触する事”です。運動エネルギーは接触点からしか伝わらないからです。

では、腕から運動エネルギーを伝えるとき、腕力が必要でしょうか?全く必要ありません、触れてさえいれば、重心移動のエネルギーは相手に伝わります。腕は体が動くことで生じるエネルギーを伝達する道でしかありません。そして、その意識で触れたまま動くと、心理的な働きもあり、相手を導くことができるのです。
 
合気道は、物理学と心理学(さらには生物学)を活用した技術であり、理論(秘伝)を知れば短期間で護身術として使用できる水準に達することができます。
 
 
IAM護身術では、その理論を入門時から惜しむことなく学ばせてもらっており、毎回楽しい発見があります。理だけでなく稽古の度に、身体感覚が鋭敏になるだけでも楽しいものです。この感覚は、スポーツで新しい技を習得した時の感覚や、トレーニングの成果が出て動きのキレがよくなったと実感できた時に近いものです。ダンス等の経験者にはよくわかってもらえそうな気がします。
 
 
余談
ちなみに、本日の稽古では対ボクシングの練習として、錯覚を利用した防御と体制の崩し方を復習しました(亀田戦の翌日だから?)。レベルが上がれば、心理誘導の技術(心法)の割合も増えてくるのですが、開祖や達人の方はよくこんな方法を思いついたなぁと毎回驚かされます。
 
興味を持たれた方がいましたらお気軽にお問い合わせください。

陽の技術 運動エネルギーの伝達

前回に引き続いて「陽の技術」 を説明いたします。陽の技術とは、作り出した運動エネルギーの方向へ力を伝える技術と前回紹介しました。シンプルな動作で充分なエネルギーがなぜ出せるのでしょうか?自分の体重の鉄球や鉄の柱をイメージして下さい。それらが走るスピードで突っ込んできたり、高速回転したり倒れこんだりしてきたら、受け止められるでしょうか?

 

エネルギーを効率よく相手に伝えるという事はそういうことを意味しています。あなたの体重相当の鉄塊、を相手にぶつけるのが、陽の技術のごくごく簡易的な説明になります。といっても、エネルギーを効率よく伝えることが本当にできるのか?と疑問に思いますよね。

 

いくつかのアプローチがありますが、この場では一つの紹介に留めておきます。

それは身体感覚の鋭敏化(運動エネルギーの流れや、適切な姿勢であることを感知する能力を向上させる)になります。

 

・・・そんな事が簡単にできたら苦労ありませんね。しかし、IAM護身術では稽古前に行う極シンプルな動作を様々な点を意識しながら行うことで、身体感覚の鋭敏化を可能としています。中国拳法の型稽古は、一見同じ動作をしていても秘伝を知るものと知らぬものでは全く違う稽古をしているそうですが、まさにそれに相当します。例えばスワイショウ一つとってもいくつかの段階があります。

 

もし興味を持たれましたら、師匠である橋本先生のHPもご覧ください。

次回はその稽古方法の一部を紹介したいと思います。

 

IAM護身術のHP:

IAM護身術 | 合気道と護身と健康を考えるブログ

 

 

Appendix. 陽の技術 

f:id:dice-k-13110:20170507201924j:plain

エネルギー伝達が効率よく行われた場合
一式:体重相当の鉄塊が踏み込みの速度でぶつかくる
二式:高速回転する鉄の柱に巻き込まれる
三式:体重相当の鉄塊が落下してくる
四式:頭を振る速度でボーリング玉をぶつけられる衝撃を受ける