合気道の秘伝を学ぶ (井口合気流護身術 初段のブログ)

合気道を活用した護身術の技術と考え方の紹介

接触点を中心として舞う

温故知新
最近の稽古は、陰(力を伝える方向と重心移動が逆の動きをする技術の総称)の比率が高く、基礎技術の復習が多くなっていますが、復習であるがゆえに、細かい点に感覚を研ぎ荒ませることができ、新たな発見ができています。
 
また、習得済の技術はじっくりイメージトレーニングをすることで、「ここが本質か!」と気づくことも多く、復習の大切さ、一人稽古の大切さを身に染みています。
さて、本日は陰の稽古の復習をしていて気が付いた点を紹介いたします。
 

小手返しは小手先でやらない
小手返しを知っている相手や、過剰に逆らおうとする相手には小手返しが綺麗に出来ない事があり、色々試していたのですが、結局のところ、本質である「接触点を動かそうとしない」、「自分が動いて相手が動いたら合わせてあげると同時に導く」という事を失念していたことが原因と分かりました。傍から見た動きは、捉えた点を中心に動いているのですが、「小手返しをやろう」という意思が強すぎて、腕を使っていたのです。

これでは、相手に意が伝わりますので、反射神経や運動神経で対応されてしまいます。合気道は相手の気に合わせ、一体となって動くことが必要です。捉えた小手を中心に舞い、そのエネルギーをそのまま流すだけであり、腕を使うのは相手が崩れた後のフォロースルーに過ぎません。まずは自分が動くことが最優先という事です。
 
帰宅中にはっと気が付いたことなので、実際に試すことはできませんでしたが、他の技術に関しても同じことが言えます。
 
 
陰を使って相手を崩す稽古(収縮と膨張)
例えば、相手を引き寄せつつバランスを奪って倒す稽古(図1)でも、相手を引き寄せようとは全く思わず動いています。ただ自分の重心が前方へ移動するベクトルと、後方へ相手が向かうベクトルが釣り合うように動こうとしているだけです。
 
なお、この場合の中心は、自分と相手の中間になります。この中心に対し、自分の重心と相手との接触点を収束させる意識で動くと、「引き寄せよう」という意識が相手にばれなくなると思います。

f:id:dice-k-13110:20170716174856j:plain

 

合気道は自分中心かつ相手に合わせる
上記の稽古や技術を使っていると、「相手をどうにかしてやろう」とは考えていないことに気が付きました。振り返ってみると、先生の指導も相手をこうしろああしろという内容は含まれていない気がします。
 
自分が完全な動きをすることで相手がつられ、つられた相手に合わせてあげる。相手と接触したのちは完全に自分の世界に入り込んだ方が技は効いていると思います。合気道が「動く禅」といわれるのもわかる気がします。

人を動かす

人を動かすにはまず自分が動く
『人を動かす』とは、自己啓発本として古くから読まれている、デール=カーネギー氏の名著ですが、合気の技で人を動かすには、「まず自分が動く」事が必要となります。
 
『人を動かす』にもそんな内容が書いてあったような気もしますが、ずいぶん昔に読んだので忘れてしまいました。が、良いと思った本は、詳細は忘れてもエッセンスは自分の中のどこかに生きているような気がします。
 
さて、話を戻して、「人を動かすにはまず自分が動く」に関してですが、さらに付け加えると、「腕や足の小手先の動きではなく全身で動く」事が重要です。
 
これは運動エネルギーを伝えて動かす骨の技術の他に、接触した点を通じて相手の感覚を惑わす、皮膚感覚の技術でも使われる動きになります。では、この皮膚感覚をどのように習得すればよいのでしょうか?
 
 
皮膚感覚の技術の稽古方法
今回は簡単な一人稽古方法を紹介します。非常にシンプルなので「こんなことをしていて強くなれるわけがない」と思われる方もおられるでしょうが、合気の技とは非常に繊細なものです。よって繊細な感覚を磨く稽古、ゆっくりとシンプルに動く事に神経を集中する稽古は、上達に非常に有効であると考えています。この考えは、二年三ヶ月の稽古を通じ、日を追うごとに強くなっています。
 
ちなみに、この動きは二教、回転投げ、入り身投げetc…に使われているので、技を綺麗に見せる為だけでも有効な稽古と思われます。
 
さて、具体的な稽古方法ですが、過去に紹介したハイワンを簡略化した動きになります。違うのは意識だけです。合気の稽古をしたことがある方ならわかっていただけると思いますが、技をかける際、意識を変えるだけで微妙に動きが変化し、全く違う質の技に化けます。一人稽古でも同様という事です。
 
では、下記に簡略図と、各技術の稽古の際、意識すべき点を記載します。
f:id:dice-k-13110:20170628003418j:plain

空気をなでる感覚と両腕が繋がっている感覚を意識して動くことで、触覚を鋭敏にするとともに、”何かにつられて動かされる/動かす感覚”を磨くことができます。この感覚が磨かれることで、「自分が動くことで相手を導く」技の精度を上げる事ができるのです。
 
 
余談
上記の練習を行うと、「体全体を動かせば、腕を動かさなくとも、腕はかなりの距離を移動する」事も実感できると思います。二教、回転投げ、入り身投げの際は腕で引っ張ったり倒したりするのではなく、体全体の動きを伝えることを意識すると、より技をかけやすくなるので、ぜひ意識してみてください。

一期一会、 一人稽古

井口合気流護身術の道場では、”型”にこだわりを持たず稽古をしています。つい先日、型通りに技をかけようとしたのですが、腕の出し方を間違えた為、途中で動きを止めてしまうと、「そこで止まったらたら。型が違っても流れを維持し、相手を倒せればいい。」と先生に指摘されました。
 
型稽古は技の本質を学ぶ手段にすぎず、本質を知っていればどんな型でも合気が使える、またそうでなければ意味がないという事でした。
なお、先日の横面打ちの説明でも、相手の動きを導きバランスを奪うところまでしか記載しませんでしたが、これも「技は枝葉である」という思想から来ています。
 
 
更に「合気道の技は一期一会、一つとして同じ出会い(接触)はなく、出会いの一つ一つに対し適切な動きは異なる。」とよく教わっています。相手のとの距離、接触の強さ、接触の位置、タイミングは一つとして同じものはありません。こだわりを捨て、技を考えず、感じるままに合気道の本質を使えることが理想なのでしょう。
(といってもいきなりその領域にたどり着けるわけはないので、稽古ではシチュエーションや動きを限定して技の感覚を学ぶ稽古をしています。)
 
 
なお、二段の昇段審査は、自由技が含まれており、定義された型通りの動きでなくとも、何でもいいから相手を制することができたらOKだそうです。これは本質を体得していなければできそうもないので、最近はよく一人稽古して感覚を磨いております。
 
さて、そんなわけで次回より、感覚を磨くための一人稽古方法をいくつか紹介したいと思います。一人稽古方法に関しては、先生曰く「すべて秘伝を含んだものなので、これらを続けるだけで充分強くなれる」との事。
私も入門して二年近くたちますが、一人稽古をしているとある日「この稽古はこんなことも感じられるのか!」と突然気が付くこともあり、なかなか奥が深いです。
 
 
余談
先日の稽古で、空間感覚で酔わせる技を使うと、いつも以上に早く技がかかりました。思い返してみると、前日に空間感覚の一人稽古をしており、「これか!」という感覚を得た後でした。一期一会の感覚をつかむには道場で人を相手にする必要がありますが、秘伝に要する感覚を磨くだけなら一人稽古でもかなりのことができるようです。

空間感覚の技術 -横面打ち- その一

 井口合気流護身術では、合気道の秘伝を下表に記す4つの技術に分類して稽古しておりますが、今回は、空間感覚の技術、すなわち心理学的な反応を利用し、相手に錯覚を与える技術の一部を紹介いたします。

 

 

空間感覚の技術でできる事

 空間感覚の技術を使用されると、一瞬頭が真っ白になったり、フワフワとした感覚になったりします。具体的には下記のような事が可能です。

 

 1) 相手の打撃をかわした後、その場から消えたように感じさせることができる。

 2) 相手の動きを導くことができる

 3) 触れることなく、相手を船酔いのような状態にすることができる。Etc…

 

 この空間感覚の技術を習得するために、横面打ちを用いた稽古を二級から行っております、さて、具体的な動き方ですが、基本の横面打ちは、3つの動きに分けられます。すなわち、

 ①相手の横面打ちが放たれる前から、あたかも放たれたかの如く、ある動作を行い、間合いの外で捉え

 ②相手に合わせて距離を詰めて、相手の中心軸と一体となり

 ③相手の中心軸の中で、自身の身体を旋回させる。

 

といった具合です。これらの動きで相手の動きを導きつつ、バランスを崩し、その後、一教や二教等を仕掛けます。

 

次に詳細を見ていきたいのですが、①には三段以上の技術も一部含まれているとの事なので、申し訳ありませんが割愛させて頂きます。

 

②の相手の中心軸”に関しては、体の中心を貫く中心軸と、最も力が伝達できる体の前方にある軸の二つがありますが、横面打ちでは後者の軸を捉えます。

力を伝えやすい軸は、諸刃の剣です。自分が使用できれば相手に効率よく力を伝達できますが、相手に取られてしまうと、力が効率よく伝わる感覚があるが故に、簡単に動きを導かれてしまいます。

 

なお、中心軸をとる感覚は、以前紹介した"繋がる感覚”の空間版となります。慣れてくると一定距離に近づいた段階で相手と繋がった感覚が得られるのですが、この感覚を磨くには、壁や樹に近づいていき、不快感や違和感が出てくる距離を覚えておくとよいでしょう。人相手では各人ごとのパーソナルスペース(他者が入ってくると不快に感じる距離感)に対し、敏感になる事も稽古になると思います。

 

なお、この距離感と繋がる感覚に関して、道場で私は両手を用いて下記のような説明をするのですが、先生以外の方々はその説明で納得されていないようです。よって文章では尚更、「何を言っているんだ?」と、読者の方々に思われそうなのですが、これが分かると空間感覚に関し、さらに理解が深まると思いますので、紹介いたします。

 

 

両手を用いた説明

両手の平を近づけると、ある距離で減速したくなるので、その瞬間にその距離を維持したまま旋回させます。減速したくなる距離とは、両手が繋がった感覚がある距離です。うまく両手が繋がっていると手を旋回した際、心地よさがあるはずです。これを相手の身体と自分の身体で行うのが、横面打ちの捌きです。

剛の塩田師範と、柔の井口師範

1. 柔の感覚を出すには
 合気道の技を受けた際、二通りの感じ方があります。一つ目は「やられた!」という感じで、もう一つは「ふんわりとして何が起こったかわからない」という感じ方です。
 
 合気道の達人では、塩田剛三師範が非常に有名ですが、塩田師範は一つ目の「やられた!」という感じの技を好んでいたそうです。そして井口師範は「何が起こったかわからない…」方の技を好んでいたとか。
 
 井口合気流護身術では、両方の技術を学んではいますが、井口流を標榜している為、二級以上の稽古で中心となるのは、「ふんわりとしていて何が起こったか分からない」系統の技術になります。では、この何が起こったか分からないという状態は、どのようにして作られるのでしょうか?
 
それは「情報の遮断」により成されます。相手は情報が得られないがゆえに「何が起こったか分からない」と感じるのです。
 
 
2. 情報の遮断
 情報の遮断にはいくつかの方法がありますが、初段以降で稽古する、心法の技術(心理学)では、相手への情報を遮断する為に自らも騙すべく、ある概念を使っています。その概念とは”気”です。
 
 さて、井口合気流護身術では、「科学的な観点からの合気道習得」をうたっているのに、突然「気」という概念が出てきました。実は、気の存在有無はこの技術を使う上で重要ではありません。重要な事は、気が流れているという意識で技を繰り出すことであり、相手に自らの意を読ませなくさせる事が重要なのです。
 
 人間の感覚とは非常に鋭敏であり、優れた職人は物を触って0.1mmの厚さの違いが感知できるといいます。座り技呼吸法の稽古などで、相手の腕に触れた状態で相手が腕を使って何かしようとした場合、相手が職人や達人でなくとも、「なにか腕を使ってしてくるな」と感じる事ができるくらいに人体は敏感にできています。
 
 一方、詳細は公開できませんが、丹田から気が流れる概念を使って技を繰り出すと、相手は何か来ると感知することなく、力を伝達されてしまうので、訳が分からないうちに倒されることになります。相手は不意打ちをくらったようなものなので、使い手に筋力や瞬発力がなくとも、相手を制することができるのです。

(なお、敢えて違う情報を与えたり、情報と行為にズレを起こしたりすることで「やられた!」と感じさせることができるのだと思います。不意打ちに対して、こちらはフェイントにかけられたような感覚ではないでしょうか。)
 
 
3. 情報遮断の稽古
 初心者のころから行われる稽古に、正座した状態で上から手を押さえつけられ、その手を持ち上げて返すという稽古がありますが、この稽古は骨の技術(物理学、人体構造)、皮膚の技術(生理学)に加え、実は情報遮断の技術へと繋がる、心法の技術をつかう感覚を養う稽古にもなっています。
 
 腕を上げて押し返す際、ある位置にある方向へ荷重を加える事を意識し、腕を上げているのですが、これは相手への情報を遮断するとともに、自分の意識も別の場所に外すことによって、意を悟らせない効果も含まれているのです。
 
 
4. まとめ
 今回は備忘録もかねて、初段、二段の技術について紹介させて頂きました。
まとめますと、井口流で使われる気とは、相手と自分を騙すため、情報を遮断するため、使われる概念と言えるのだと思います。

陰の技術

骨の技術(物理学)の基礎である、陽の技術と陰の技術は、運動エネルギーの方向によって次のように定義されます。

 陽:重心が動いた方向と、相手に与える運動エネルギーの方向が同じ
 陰:重心が動いた方向と、相手に与える運動エネルギーの方向が逆
 
入り身の際、体全体で相手の懐に入りつつ、触れた相手の腕を遠くへ伸ばすようにして相手を崩したり、小手返しで、ひねる方向と逆方向に自分が移動したりする動きも、陰の技術となります。
 
ちなみにクラブマガというイスラエル軍の近接格闘技で、銃を突き付けられた時の対処法という動画を見ましたが、使われていた技術には、陰の三式が含まれていました。自分の重心を落下させ、反作用である上方向へのエネルギーを腕から伝える動きです。

f:id:dice-k-13110:20170521213713p:plain

 

なお、陽の技術、陰の技術を意識し、「重心移動のエネルギーを伝える」という意識で動くと、無駄な力みが消えるとともに、相手に動きが悟られづらくなります。

合気道の極意は、「情報の遮断」であると橋本先生はよくおっしゃっています。筋力でどうにかしようとすると、肩や脚に力が入りますが、人間の目は我々が思っている以上に感度がよい為、わずかな力みでも感知できるので、相手は反射神経で対応、反応できるのです。

 

一方、”重心を移動させたエネルギーを伝える”という意識で動くと、力みが消え、相手が感知する前に、接触点から突如運動エネルギーが伝わるため、反射神経で対応できなくなります。いつの間にか体制を崩されてしまい、何が起こったかわからなかった、と感じるというわけです。

この他にも多くの情報を遮断する技術がありますが、ここでは「運動エネルギーを伝えるという意識」のみに留めさせていただきます。

 

最後に、陰の一式の当身を記します。

重心を後ろに引き、そのエネルギーの反作用を前方に押し出す動きです。

f:id:dice-k-13110:20170521213650p:plain

さて、「運動エネルギーは接触点からのみ伝わる」と、過去紹介しました。そうであれば、当然地面からも反対方向のエネルギーが伝わるはずですが(反作用)、作り出したエネルギーを相手に伝えるという意識が重要なのであえて記載していません。(さらに言うとベクトルと書いた方が適切なのかも知れませんが、エネルギーを伝える、流す感覚が重要なので、エネルギーと書いております。)

 


余談2
先週の稽古にて、先生から

合気道とは自分勝手な武道である。自分が世界の中心にならないといかん。」
「相手に与え、相手が動きやすいように動いてあげる。けれど世界の中心は自分。」
「与えると同時に与えられている。」

といったことを習いました。昔も似たようなことを聞いたときは全く理解できませんでしたが、今回は、「なるほど確かにその感覚だ。」と思うことができました。自分の感覚や、動きが磨かれていく感覚はとても楽しいものですね。

 

繋がる感覚

繋がる感覚
鋭敏化の話をしたので、繋がる感覚の話もしたいと思います。相手と繋がる/一体化して技をかけることで、相手とぶつかる感覚なく、抵抗を感じることなく技をかけることができます。
 
当会の稽古では、初期段階では大きな動きから練習し、レベルが上がるにつれて小さい動きにしていくという稽古方法をとっていますが、繋がる感覚の稽古の初期段階では、繋がる瞬間に相手を崩し、力の入らない姿勢、骨格構造をとらせます。そして、高レベルの段階では、多くの方は知覚できない、極微妙な動きで相手を崩しています。
 
繋がる感覚、すなわち相手と一体となる感覚を使う技と言いますと、合気道の奥義という印象ですが、基礎である”骨の技術”の延長であるとも捉えることができます。
 
 
体得する為の意識
さて、繋がる感覚を体得する為の稽古ですが、多くの道場でも、稽古に含んでいる事と思われます。と言いますのは、正面打ちや正面付きを崩す、第一勢がそれに相当するからです。
 
第一勢では、相手を崩すことを重視しているはずですが、崩す際に、相手の〇〇を折る感覚で入る事を意識すると、繋がる感覚へと繋がっていく稽古になると思います。
逆に最もやってはいけないやり方は、打ち出さた相手の腕を止めようとするやり方です。

f:id:dice-k-13110:20170514203638p:plain

 
なお、宮本武蔵五輪の書』、水の巻で書かれている入り身のやり方は参考になるので紹介いたします(私なりに少し崩して書いてます。)
 
 
五輪の書記載の入り身のやり方
①しうこうの身
敵へ入り身する時、少しも手を出す心はなく、敵が打つ前に、体をはやく入れる心也
手を出そうと思えば、必ず体が遠のいてしまうので、全身を素早く敵の中に入れる心也
 
②しつかうの身
敵の身に入り身する時、頭をつけ、体をつけ、足をつけ、つよくつよくつく所也。
人は皆、顔、足は早く入れてくるけれども、身が退くもの也。
敵の体に自分の体をつけて、間があかないようによく付けるもの也。
 
たけくらべ
自分の身体が縮まないようにして、足を伸ばし、腰を伸ばし、首をも伸ばして強く入り、敵の顔と自分の顔をと並べ、身のたけをくらべ、くらべて勝つと思うほど、丈(たけ)を高くして強く入ることが、肝心也。
 
 
最後に
入り身の練習も、繋がる感覚へと繋がる稽古なのですが、色々と考えすぎると”感覚”というのは身に付きづらいものです。従いまして、初心者のうちは、上記三つの入り身を意識していただければと思います。繋がる感覚は、片手どり(当会では1級相当)で本格的に意識した稽古を行っていました。
 
さて、思いつくままに書いているので順番が前後しましたが、次回は陰の技術に関して書こうと思います。
 

※:文章にして自分の考えとまとめ、後継者に伝えていきたいと思っていますが、この場ですべてを公開すると、他道場での転用等も懸念されますので、理論を公開するのは、初伝や骨の技術までとし、皮膚の技術より上位の技術に関しては、稽古方法と考え方のみの紹介に留めさせていただきます。
 
興味ある方がおられましたら、和歌山という辺鄙な場所ですが、ぜひ体験にお越しください。